BLOG

リノベーション

寒くなるかと思いきや、またポカポカ陽気が続いている沖縄です。

今日も私は半袖です^^

 

さて、以前ブログ(→こちら)でも書きましたが、現在クレールアーキラボではリノベーションの仕事もしています。

リノベーションは新築より難しく、既存の建物の調査、場合によっては測量して、今の状態の建物の図面を作ったりもします。

それから要望に合わせて設計を行なっていくのですが、既存を利用できる部分、利用できない部分、また、法的にクリアできるか、構造的には問題ないか、などなど様々な検討をしていきます。

新築とは違って、制限がある中で行っていく設計ですので、要望通りにいかないこともあります。

しかし、工期やコスト、また、その土地に引き続き住みたいという気持ちを叶える上では、有効な手段だとも思います。

 

現在作業を行っている物件が、来週より解体が始まります。

解体といってもリノベーションなので、建物を壊すわけではなく、現在ある床や壁や天井の仕上げ材を壊していきます。

そうするとコンクリートやブロックの壁や天井が見えてきます。

スケルトンの状態にするということです。

裸になります^^

それからまた詳細な設計をしていくことになるのですが、スケルトンの状態を見ながら予定していた通りの設計で進められるかの検討をしていきます。状況によっては設計修正もあります。

 

 

img_9622

この写真は、先日行ったリノベーションをしたと思われる、とあるカフェの天井ですが、スケルトンにしたままの状態で使っていました。

よく見ると、いろんな形の木材で型枠を作っているため、コンクリートの表面にその形がそのまま表れています。

パッチワークみたいで、デザインとしてみると面白いなと思います。

また、この仕事をした型枠大工さんの姿が頭に浮かび、なんだか癒されました。

 

 

来週からの解体作業。

どんな裸が観れるか今から楽しみです^^

(T)

リノベーション

日々少しずつ涼しくなり、過ごしやすくなってきました。

CLAIRにのぼる朝陽も少しずつ南寄りから上がってくるようになってきています。

 

さて、CLAIRでは新築の設計を主に行っているのですが、リノベーションの相談も増えてきています。

「リノベーション」??

最近良く聞く言葉ですが「リフォーム」と何が違うのでしょうか?

そこで簡単に

「リノベーション」とは既存の建物に大規模な工事を行い、性能を新築の状態より向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

それに対して

「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。

 

リフォームはマイナスの物をゼロに戻すのに対して、リノベーションはマイナスの物をプラスαで新たな機能や価値をもたせることが出来ます。

 

そのため、必然的にリノベーションの方が「工事の規模・費用」が大きくなります。設計料も既存建物の調査から行い、いろいろ制限もある中で設計を行いますので、新築の設計料よりもパーセンテージは高くなります。

しかし、メリットも多いのも事実です。

CLAIRでは今のところ「リフォーム」の相談は受付していないのですが、「新築」?「リノベーション」? と、いろんな選択肢があり悩まれてる方はとりあえず相談に来てください。

出来る限り相談にのらせていただきますので。

一緒にワクワクしましょう(-_^)

(T)

旅 ポルトガル編10

秋が来て、やがてすぐ冬になるのかなぁ〜と思っていたらいきなりの台風発生。。。

やはり地球がおかしくなっているのかなと思いながら、どうかしたいけどどうもできないもどかしさ。。。

大きな被害がないことを祈るだけです。。。

 

さて、長らくお待たせしておりましたが、久しぶりの旅ブログです。

(待っていないとかは、言わないでください)

前回の旅ブログはこちらから → 旅 ポルトガル編9

 

今日は、ポルト街についてです。

ここがとってもよかったのです。

まずは写真です

_DSC6499

_DSC6500

_DSC6501

海に面した古い街で坂も多く、とっても雰囲気がいいのです。

 

泊まった宿の入口はこんな感じ

_DSC6505

古い建物をリノーベーションしていましたが、外観はほぼそのまま

そして建物の中は上手にリノベーションされていました。

_DSC6507

_DSC6510

_DSC6527

_DSC6529

_DSC6519

既存の石壁は残しつつ、かつ、モダンに仕上げられており素晴らしい宿でした。

歴史を感じる良い街並み

_DSC6535

海の向こうもいい眺め

_DSC6542

夜も雰囲気があります

_DSC6550

 

やはり古いものを大事に残すということは、味が出てきてなんとも言えない表情になってきます。

古い感じに作るのとは全く違います。

そんな思いをしたとても素敵な街でした〜

食べ物もとても美味しかったです^^

また行きたい街の一つです。

(T)

 

皿の上の美

少しだけ寒くなりだした沖縄。

今年は冬は来ないのかなぁと話していたばかりなので

いよいよ来るのかと少しだけテンションが上がります。

 

今日は打ち合わせがてら那覇へ。。。

うるま市に慣れ親しんでいる私にしてみると

那覇はとても都会です。

シティーなのです!

せっかくだから美味しいランチを食べようと思いまして

前から行きたかったお店へスタッフ皆を連行しました(笑)

心優しいスタッフ〜。何も言わず着いて来てくれます。

 

 

期待していた以上に美味しいランチ。

何より、お皿の上が美しいのであります。

 

fullsizerender-2

 

写真を撮るのが得意ではない私でも

思わずパチリとしてしまう美がお皿の上に広がっています。

私の写真で伝わるかなぁ。。。

感じてください。。。他力です。。。

 

 

ちょうど今から現場が始まるリノベーションのスタイルにも

通じるテイストの内装でもあり

色々と皆でキョロキョロしながら

まさに五感で堪能したランチタイムでした。

 

そうそう、お店はこちらです ↓ 

 

fullsizerender

 

気持ち的には「コンテ」と言ってしまいそうですが

「コント」と読むそうです。

 

(S)

懐かしさって

 

気になっているお店は多いけれど、出先でなかなか思い出せない派です。
せっかく遠出して行きたいところはいっぱいあったはずなのに・・・
その時には思い出せないのです。

 

でも、今日は違いました。
相方さんがしっかり思い出したのです!!
打ち合わせが終わってランチにどこいこうか〜という流れでですよ。
そのタイミングでちゃんと思い出せるって凄いやつだ。

 

沖縄の本当に昔の古民家が可愛い食堂になっていました。
初めて入った瞬間に懐かしいってマジックみたいです。

 

 

image

 

ほらね。なんか懐かしいでしょ。
でもって、座った席から見える景色もこれまた可愛懐かしだよ。

 

image

 

手に取りたくなる物、数知れず。
ツボって人それぞれですが、懐かしいってツボは多くの人に共通するのでは。

 

美味しくご飯を頂いていると、これまた懐かしい時計の音が
「ボーン。ボーン。」って鳴るのです。
演出家が住んでるのかってくらい見事なタイミングで懐かしい時計の音。

 

image

 

最近はリノベーションって言葉をよく耳にするのですが
こちらはノンリノベーションって感じがしました。
もちろん、手をかけてこの質感を活かしているのは承知なんですが
逆にそのまんまを持ってきたみたいな感覚がノンリノベーションと言いたいのです。
リノベーションで元々あったものが生まれ変わるもヨシ。
こんな風にそのまんまを逆に極めるもヨシ。

 

リノベーションって奥が深いのですね。
ランチって勉強になりますね。ふふ。