Blog

建築見学会

先日、本土の建築家:飯田善彦氏(株式会社飯田善彦建築工房)によるガイドのもと、「沖縄県介護研修センター」の見学会に参加してきました。

この建物は2015年度JIA環境建築賞の一般建築部門で最優秀賞を受賞した建物で、以前から近くを通るたびに気になっていた建物でもありました。

 

建物は沖縄らしさをイメージしたとのことで、花ブロックや雨端、シーサーや琉球石灰岩がその雰囲気を醸し出してます。

10.IMG_5891

2.IMG_5895

また環境にも配慮された造りとなっていて、半屋外のようなラウンジは南北に設置されたハイサイド窓からやさしい明かりが取り込まれ、南面の花ブロック・グレーチング扉から入る風が北面の窓へ抜けていくことで、照明やエアコンの電気使用量もかなり抑えられているそうです。

_DSC2295

_DSC2283

しかもこのハイサイド窓は、農業用温室の屋根などに用いられる換気窓で、垂直面での使用は初めてとのこと。

用途の違う建物へ、その用途にあった使い方へアレンジして採用するという発想、知識をストックしていく大切さを改めて感じました。

7.IMG_5965

最後に、雨端でくつろぐ鳥。環境に配慮した建築には、動物も寄ってくるみたいです。

 

今回見学した建築は、沖縄の気候・風土を生かして、環境にも人間にも配慮した建築。

沖縄に合う建築とは何かを改めて考えていくきっかけとなる見学会になりました。

(Y)