Blog

縁の下の力持ち

 

先日、とある現場の杭工事の立ち合いへ行ってきました。

深いところに硬い地盤がある時でも、

建物がしっかりと堅固な地盤に支えられるために、

このように杭を打つことがあります。

改めて実物を見ると、迫力があります。

(この杭は全長約11メートルが二分割されています)

 

もっと大きな現場へ行くと、

これよりも何倍も何十倍も

太く長い杭を打つこともありますが、

それにしても迫力があります。笑

 

杭がなければ建物もあっという間に

傾いたり、沈んだりしてしまいます。。。

 

地中に埋まってしまうので

直接見る機会はほとんど無いですが、

私たちの生活をしっかりと支えてくれるのが杭なのです。

 

まさに縁の下の力持ちですね!

 

YM