Blog

適材適所

先日、カーテンの取り付けの立会いに行ってきました。

こうしてカーテンの取り付けをするまでは

長い時間をかけて建物が完成へと近づき

窓周りの装飾を選定して

発注して取り付けの段取りをして

と、沢山の工程を経て辿り着くのであります。

 

なので、この日が無事に進むととても嬉しい気持ちになります。

沢山の窓にそれぞれの用途を邪魔しない窓装飾を選定するのですが

今回の物件は色々な窓の用途や見せ方があったのでご紹介しますね。

 

こちらはFIXの窓で各寝室の間になります。

人の出入りが多く、外からはあまり見られたく無い場所。

なので、行動を制限しないように極力シンプルなロールスクリーンを

天井から取り付けています。

こうみると壁のようにも見えますね!

ロールスクリーンはフラットでシンプルでシャープな印象を受けます。

 

 

こちらは、リビングの海に面した掃き出しの窓です。

風にユラユラと揺れた姿も美しい

そして閉めて過ごしていても軽やかでうっすらと綺麗な海が見えます。

白い壁に白いカーテンは空気が凛としてすごくカッコイイなぁと思いました。

 

 

最後は浴室のブラインド!

水を使う場所なので水に強く手入れも楽なブラインドはとても頼もしい。

羽根の向きを変えられるので適度に外の景色も見ることが出来ます。

湯船に浸かりながら、ちょこっと外の景色を楽しみたいときも

調整出来るのでとても便利です。

 

 

こうして見ると、色々な窓に色々な機能を持った装飾品。

何事も適材適所で上手にお付き合いすべしです!!!

 

(S)