Blog

Little Foreman

My son is so interested in excavator equipment. There is an excavator near our house. Every weekend my son always wants to go to the excavator. We go there every weekend and he is so happy. I hope someday he will also like architecture and construction field so that he can be my partner in business someday. 

(D)

裏の顔

今日の雨はとても凄くて

雷も轟いていて、雷が苦手は私は

少しビビりながら一日を過ごしました。

雨の後の夕暮れは太陽がオレンジで不思議な美しさでした。

 

そうそう、不思議な美しさというと・・・

我が家の裏の顔はとても美しいのですよ。

裏の顔と言うと良い印象は受けませんが

裏まで綺麗なんて。。。ある意味とても意味ある美しさです。

 

今の時期はもみじと下草のツワブキが活き活きしております。

 

 

我が家のもみじは残念ながら紅葉はしませんが

夏の緑の美しさは本州のお庭のような雰囲気も楽しめます。

正面ではなく裏側にも美しい庭をしつらえると

日常のふとした動線にも輝きが加わります。

みなさんの住まいの裏の顔にも

美しいポイントを取り入れてみても良いかもしれません。

 

(S)

絵本

緊急事態宣言下でどこにも連れて行くことができない日々の中

読書好きな子どもが喜んでくれる場所が図書館です。

私も子どもの好きそうな本を一緒に探しつつ、自分用にも面白そうな本を探します。

児童書コーナーから絵本コーナーへ目を向けたら、ふと目を引く絵本がありました。

それがこちら!

安藤忠雄さん原作の絵本!

「こども本の森 中之島」を舞台に小学生の兄妹に建築について話をするという内容でした。

子どもにもわかりやすく書かれています。

この中で考えさせられたところが「名前のない空間の無限な可能性」

名前を冠することでその空間に意味をなし、逆に名前がないことで住み手の感じ方でいろんな可能性のある空間になること。

そのことでいろんなものになり得るんだと再確認をさせられました。

機会がありましたらどうぞ一度拝読してくださいね。

(MK)

絨毯

 

沖縄県内は、2週間の休校が終わりました。

久しぶりに登校するということで少し不安だったのか息子に

「今日は一緒に学校に行ってほしい」と言われ、

久しぶりに一緒に歩いて小学校へ行きました。

 

行く途中で息子が「これ何?」と一言

 

 

歩道の上にサガリバナの絨毯ができていました。

 

 

「この花はね、夜の間にだけ花が咲くんだよ。

朝になったら、花が散ってしまう。

しかも、この時期にだけなんだよ。」

と説明すると。

「この時期だけ?」と不思議そうにしていました。

 

今年は夜のサガリバナはまだ見ていませんが、

歩道を埋め尽くした花の絨毯をみる事ができて、

「久しぶりの付き添い通学もいいもんだ!」と思った朝でした。

 

夜のサガリバナも見に行こうかな〜

この時期だけなので。

 

宿泊管理をしている読谷村のLa lunaの近くには、

サガリバナで有名な公園があります。

近くを通る方は、のぞいてみてください!

 

(A)

きのこ

この前のお休みの日に母と、

鉢などが売られている植栽屋さんに行って来ました。

そこで母がきのこの置物を見つけ、

かわいい。。。♡との一言。

確かに可愛くて思わず誕生日が近い母に

誕生日プレゼントとして買ってあげるよ?と

いいそのままレジへ〜。笑

ブログネタにしようと思っていたにも関わらず、

写真を撮るのを忘れていたので母に

送ってくれ〜と頼み、来た写真がこちら。。。

写し方が・・・

とりあえず上からもと思ったのか・・・

背景が寂しいと思ったのか・・・

連続で送られて来た写真三枚。笑

人には言えませんが、ん〜。

センスがなさすぎる母・・・でした。

 

(M)

Homogeneity

When I was in University, globalisation is one of the terms that exists in most of my study.
In general, it presents a rather negative image as a problematic reason for causing different consequence and end of culture and business.

I agreed on the those studies in general.

However, what I perceived today about design of variable fields brought back similar feeling about globalisation.
This image speaks everything.

When business and culture are manipulated by corporates which are too big to fall, decision   of financing to what kind of fork being used in restaurant, are being decided according to the highly intelligent algorithm. Considering what is safe to move and following the latest trend are the most important element in making business decision.

Architecture design of this image shows what is the trend of today. If I tell that image below  is a Starbucks you won’t be surprised because this is a general accepted image as a modern restaurant or cafe.

Rather as globalisation between countries, we can find the same effect on design and corporate business decision.
No one would dare to propose a design like in past NOT only because the design is outdated but that is not catching the trend of today or you can say it is not catching the money.

Homogeneity of design is the result of “Globalisation” between business.

So, where is the joy?

マド

 

先日、南城市で進行中の現場へ行きました!

穏やかな自然に囲まれた閑静な場所に建築中の住宅です。

着々と工事が進み、内部の仕上げ工事に入ると

現場へ行くたびに建物の変化を感じ、

完成へ近づいていることの実感が湧いてきます!

 

そしてこの建物の中で気に入っている部分が

リビングの角にある横長のマド。

 

 

敷地からちょうど海が眺められる位置に配置して、

横長の窓にすることでより一層その景色が引き立たっています!

マドは、風や光を取り込むだけでなく、

その窓から見える風景を切り取ることで、

景色を絵の様に楽しむための窓にもなる。。。

窓の配置や形を考える上で、とても大切なことだと

改めて実感しました!

 

どこにどのような形の窓を配置するのか、

そこから何がどのように見えるのか、

イメージしながら窓を考えるのもワクワクしますね!

 

YM

カタブイ

 

会社でドアを閉めようとしたら
思いっきり指を挟んでしまい悶絶した今日この頃です。
(取手を持たず、なぜかドア本体を掴んでた。そりゃ挟むよね。。。)


先週、帰り雨降りそうだからと
駐車場から車を事務所の近くに移動したのだが
帰る頃には、ドシャ降り。

しばらく止みそうにないので
小走りで車に乗るが、体半分はビショビショに。

ムスッ子達は、トイレの窓をちゃんと閉めたかな
などと考えながら、読谷へ車を走らせていると
あれっ、読谷に入った辺りから道路が濡れてない。

ずぶ濡れの自分を家族は、どうした?って目で迎える。

会社はスゴい雨だったことを話すと
読谷は、今日はぜんぜん降ってないよ〜とのこと。

雨雲レーダーを見るとキレイに分かれていた。
そう、沖縄あるあるの「カタブイ」でした。

(F)

 

モデルルームを作るの巻

「これは犯人の自宅からの押収品です」

 

ってニュースで見た事のある画像だが

れっきとしたインテリアのお仕事画像

 

今回は新築マンションの

モデルルームを作るお仕事

これから現場作業に入るのだが

現場に入る時間が限られており

その前に色々買い揃えて

おかなければならず・・・

あちこち店を周り

店にないものはWEBで探し

事務所が買い物袋だらけになり・・・

 

「映える!マンションモデルルーム」

のコーディネートを

賄える量になったのだろうか?

 

という訳で

ブルーシートを敷いて各部屋毎に

購入物品を置いてみたのである

 

先程の写真は

「マスターベッドルーム」 

そして これは

「書斎兼トレーニングルーム」 

ヨガマットやバランスボールも

揃えましたよ

 

おしゃれなモデルルームの

完成をお楽しみに♪

(ちゃーこ)

 

 

 

 

Throwback Thursday

Facebook memories notifies me of my post for the past years. When I saw this photos it makes me miss soccer so much. This photo is when I won my first and only championship in my entire soccer career. They are my teammates when I got this championship win. I really miss them and I hope they are doing fine right now.

 

 

On this photo I am wearing arm band because I was the captain ball that time. It was an honor to be selected as a captain ball because they trust me and believe in me. 

I was a little bit sad because I know right now I am not physically fit to play soccer. it will take time and patience before I can go back to my soccer lifestyle. My stamina is very weak now unlike before. I hope time it will not be too late to get back on track. I hope someday I can play again with my original stamina just like before.

(D)

夏の色

 

今日もジメジメとしつつもめちゃめちゃ暑くて

いよいよ夏本番の気配です。

熱中症対策をしっかりとしながら過ごさなきゃ!

と心から思う1日でした。

 

私にとって暑さはとても苦手なものですが

植物達はとても輝いて見える季節です。

緑の色もとても鮮やかで人間で言うと血色の良さそうな

お肌に見えてきます。

なんだか活き活きとしてますよね。

 

こちらはお小さなお花も咲いていました。

アスパラもとっても元気にグングン成長しております。

一生懸命植えて本当によかったと思える景色です。

 

 

こちらは読谷の宿泊施設の花壇です。

CLAIRで管理もしておりまして、夏のバケーションにオススメですよ!

せっかくなのでリンクも貼っておきますね。。。

La luna

緊急事態宣言が明けて、少しゆっくりしたいなぁという時間に

いかがでしょうか〜?

 

(S)

 

水族館

今年のGWに出かけた水族館。

コロナ禍でどこにも行けないのはあまりにも・・・ということで出かけました。

みんな同じ考えだったのか、意外と人が多くてびっくりしました。

水の中で気持ち良さそうに泳いでる魚達に癒されました。

そしてやっぱり癒しといえば・・・

クラゲ!!

ブラックライトの中でフヨフヨと漂い泳ぐ様に時間の流れも忘れそうになりました。

展示されているクラゲの種類も増えていて癒しも2倍になりました。

そしてやっぱりこの魚達にも癒されました。

ゆらゆら揺れるチンアナゴ達。

やっぱり海の生き物達は癒されます。

(MK)

晴れを願う☀︎

さて、まだ梅雨があけませんね。

明日は読谷の物件が基礎打設です。

予報は曇りのち時々雨…?かも?

今日、たくさん雨が降ってたので明日は

降らないだろうなと思う今日。

雨女の私には不安しかありません。笑

スタッフが帰り際にかけた言葉は、

照る照る坊主下げないとだね!と。

たしかに!!作ってみようかな…

じゃーん!!

作ってみました。笑

ティッシュだとボロボロと不細工になりそう

だったので折り紙で.*

お気に入りのレターカードの側にかけました。

皆さんも晴れを願ってくださいね。

 

(M)

 

 

設備点検

 

宿泊施設管理を担当しているので、年に2回消防用設備点検に立ち会います。

先日ある施設の消防用設備点検に立ち会いました。

煙感知器、熱感知器、消火器具、火災報知器など

消防設備業者の方に点検をしてもらいます。

「異常なし」ということで無事合格しました。

 

 

その数日後、ある業者の方に施設内の修理を依頼しました。

入り口の鍵を開け、「それではお願いします。」と言い、事務所に戻ったその時…

「サンダーを使用したら、火災報知器が鳴ってしまって。

(報知器を)止めに来てください!」

との連絡が。

急いで行くと、火災訓練時に聞く「あの音」が鳴っていました。

以前消防設備業者の方に教えてもらった手順で報知器を止めることができました。

 

あの音が鳴っている間、作業中の業者さんも私もパニックになっていましたが、

ある意味「消防用設備が正常に作動する」ことを確認できたハプニング。

そして、報知器の使い方もまさかの状況で実践。

 

宿泊客の命を守るための設備。

いつ起こるかわからない火災にしっかりと対応できるよう、日頃から訓練が必要だなと。

そして何よりも「冷静に対応できるメンタルを持つ訓練」が一番重要だと

改めて感じるハプニングでした。

 

(A)

Simple, minor but have it all.

Talking about the price of a house, we usually focus on several things:
Location, size, year of built.

However, when someone told me a house costs higher because of the beautiful garden, I doubt how much it can affect the worth price of it.
It is not easy for me to understand until I witness the real thing.
We are not even talking about some fancy high standard gardening but only minimal garden.
Feeling of the green surrounding environment gave me a first significant impression even before the first step into the house.
I already love it.

Going along with the trend around the world, having fancy furniture, a good instagram photo inside of a house are probably some of the most wanted things for the young generation.
Everything has to be done immediately and being showed to the world immediately.
Nevertheless, gardening itself takes time and effort.
It might take you weeks to months or even years to craft the best final looking of your imagined picture.
Your backyard might not be very attractive to everyone but it could be the best matching vibe to your own sense.
Does it change the price of your house maybe yes maybe not.
Does it change the value of your house to yourself? Absolutely.

Let’s see what are we going to do with the gardening.

旅気分。パート2

 

 

4年ほど前。海外の建築を一目みたいと、

アジア圏で初めて行った国がカンボジアでした。

 

写真やテレビ映像でしかみたことのなかった、

世界遺産であるアンコールワットや、

首都プノンペンに点在する有名建築物を巡ってきました。

 

アンコールワットは歴史的にもユニークな場所で、

元々ヒンドゥー教徒の寺院と知って作られた建物を、

政権が変わったことで仏教寺院に改修された寺院なのです!

 

早朝とお昼の二度行ったのですが、その姿はとても神々しく、

歴史の重みが感じられる特別な場所でした。

 

首都プノンペンでは、カンボジアの近代建築を牽引した建築家、

ヴァンモリヴァンの代表作である「オリンピックスタジアム」などを見学。

 

座席の間を風が通るよう隙間が空いており、

年中暑いカンボジアの気候でも涼しさを

感じられるような工夫が施されていました。

(実際、涼しかったです!)

構造的にも印象深い建築には圧倒させられるばかり。。。

でも、ヴァンモリヴァンが設計する建築から、

風を取り込むための様々な工夫は沖縄の建築にも応用できるのでは??

とも感じました!(良い収穫!!)

アジア圏の建築から学べることは、まだまだたくさんありそうです!^ ^

 

 

YM

姪っ子、甥っ子

 

姪っ子と甥っ子がウーマクー盛りです。

実家で預った日は、いろんな遊びで
部屋が嵐の後のようになります。。。

まるでサルのように天袋を基地にしたり
新聞で作った剣で戦いごっこをし新聞が散乱してたり。

まぁ、ムスッ子もすごかったので
そーゆー時期よね〜なんて思ってたのですが
日に日にエスカレート。

ある日家に帰ったら

二度見しましたよ。
バランスボールがペチャンコに。
何をしたんだ。
結構、丈夫だと思うんだが。。。

そんなかなりの前科がある姪っ子と甥っ子
ムスッ子達も部屋に入るなと何度言ってもお構いなし。


しばらくして、ムスッ子の部屋を掃除していると
大好きなパリ・サンジェルマンのポスターに違和感が
分かります?

ま、まゆ毛が。。。
ヤバい。
見なかったことにしよう。

ムスッ子がいつ気づくかドキドキの母なのでした。

(F)

続・アスパラスプレンゲリ増殖計画

何気に

GREENの話題がクリティカルヒットな

CLAIR  blog

先日も

「そろそろアスパラスプレンゲリを庭に植えよう!」

とボスの一言で

大植替え大会が始まりました

 

何度かこのblogで紹介してきた

アスパラスプレンゲリ

 

某商業施設で拾ってきた

赤いタネ

 

 

ポットに植えてみたら

なんとか芽を出し

 

 

事務所の花壇に植替えました

さし木して根が生えた

ウンリュウヤナギも一緒に

 

まだ写真で見ると

こんなに小さいけれど

モリモリ育って雑草に打ち勝って欲しい

でないと

雑草との戦いが終わらないのだ

(ちゃーこ)

 

Perfect Imperfection

Climbing plants are plants that climb over other plants of structure just to reach sunlight without wasting energy while they are growing up. They are the plants which requires support from something just to grow up. This plants are like humans with disabilities who is not giving up on their dreams, although they are having disabilities and need a support of someone or something some of them are not giving up in achieving their dreams and goals in life. They are not thinking of their disabilities but they are focusing on their goals and dreams. Like this climbing plants they are not focusing on what structure of things they will use to climb as long as they reaching the sunlight for them to live. They are a good example of perfect imperfections. Because I believe that the only imperfection in this world is that pretending to be perfect. (D)

新しい扉を開けるのだ!

先日、初めての植物生産会社へうかがいました。

規模が今まで行った中でもずば抜けて大きくて

見渡す限りのグリーンに感動しながら見学しておりました。

主に県外へ出荷する事が多いとの事。

沖縄の植物が県外でどんな景色を作っているなかなぁとワクワクしました。

 

そこで目を奪われたのが巨大なエバーフレッシュ✨

5m近くまで育った2本のエバーフレッシュはとても見事で圧巻でした!

 

 

見たことのない世界の扉を開けるのは勇気も必要ですが

開けてしか見れない世界がきっとあるんだろうなぁと

40過ぎても好奇心旺盛に歩んでおります。

 

そしてこの道具を見て釘付けになりました。

ちゃんとこのサイズの鉢を3つ運べるようになっているのです。

特注で道具も作っているなんて。。。

なんだか素敵。

仕事の効率化を考えて生まれた道具は働く人を助けておりました。

私もしっかり新しい知識を吸収して成長しようと思います。

 

エバーフレッシュのように!!!

 

(S)