Blog

daily

研修の旅

突然ですが、、、

今日からクレールアーキラボのスタッフ一同(男3人)で研修の旅に行ってきます。

場所は、京都、大阪、兵庫です。 

三都物語です。谷村新司です(笑)

 

建築を勉強する一番良い方法は「見ること」と常に思っているのでそれをスタッフとともに実践です。

久しぶりに安藤忠雄さんの初期作「光の教会」にも行きます。

その他いろいろ行きますが、スタッフが行ったことかないところで私がオススメの建築をピックアップすると、ほぼ私は行ったことかあるところばかりに。。。(当たり前ですが)

しかし、私はとっても楽しみです。

なぜなら、建築って、それ自体が経年変化していくし、私も年をとって変化している。

なので、以前見たときより見方(見え方)が変わっているのです。

どんな風に昔と違って見えるか?

自分がどのように感じるか? 自分がどう変わっているか? そんなことを考えるとワクワクします。

詳しい報告はまた帰ってからしますので〜〜

FH020016

この写真は10年くらい前に行ったインドのアジャンタ・エローラの石窟建築です。

今回の旅行とは関係ないですが^^

昔の旅のことも少しづつブログで紹介できればと思っています^^

 

さいごに

9日までお休みをいただきますが、お客様及び関係業者の方、しっかり勉強してきますのでお許しくださいませ^^

連絡はいつでもOKです!!

 

Home is where the heart is

 

 

いよいよ台風が発生した沖縄。

この時期に台風1号ってなんだか不思議な感じです。

台風対策バッチリで過ごしたいと思います。

 

さてさて、CLAIRにもある1号が届きました。
CLAIR archi lab オリジナルフレグランンスです。
建物や空間を演出する際、香りも大切なエッセンスです。
造りあげた空間にフィットする、そして邪魔しない香り。
調香して頂き、ボックスやパッケージのデザインも考えて。。。
第1号が出来上がりました。

 

 

image

 

 

ギフトボックスを開けると。。。

こんな感じのリネンウォーターが入っております。
カーテンやソファなどのインテリアファブリックに使用出来ます。

 

 

image

 

フランキンセンスの香りがベースになっていて一言で表すと。。。

森林浴。

事務所にも一つ置いてます。

ご来社の際にはお試し出来ますので、声かけて頂けると嬉しいです。

このフレグランスには

Home is where the heart is

とメッセージを付けました。

家が心の落ち着く場所になって欲しいなぁと願いを込めつつ。

そういう家を建てられるように勤めて行きたいと思います。

(S)

 

二級建築士試験

昨日は二級建築士の試験がありまして、

不安と緊張だらけだったけど・・・・

いざ試験が終わって回答してみると以外と点数取れてた自分にビックリ!!!

この調子で二次試験の製図も突破します!!!!

_20160705_165240

 (J)

pink

最近よく見る空

とても優しいピンクです。

 

image

夕焼けの時間の東側の空ってこんな感じで優しいですよ。

海に沈む夕陽も綺麗。

反対側の海の景色もまた綺麗。

 

優しいピンク色に少しだけ、建物も染まります。

 

(S)

 

BOOK1

今日から7月。

2016年、折り返しの月の始まりですね。

 

 

今日は今読んでいる本を紹介します。

 

 

『光の教会 安藤忠雄の現場』著/平松 剛

FullSizeRender

 

 

今まで、安藤氏の著書や図面作品集は読んだことがあったのですが、この本の内容は今までのものと少し違ってました。

 

 

個人的に面白いところは、施主・施工会社の社長、社員・設計事務所のスタッフという様々な視点から一つの建築物、安藤忠雄氏との関わり方が事細く書かれているところかなと。

しかも、それぞれ安藤氏とのやりとりで出てくる悩み等が包み隠さず書かれているところも面白いです。

 

 

人生において闘い方・闘う環境は人それぞれ違いますが、『闘う建築家』と言われる安藤氏の闘い方は多くの刺激を受けます。

 

 

建築に携わる人がこの本を読んでみると、それぞれの立場での葛藤が垣間見えて面白いと思います。

お客様が読むと、建築家に依頼するのは色々と難しいと思われてしまいそうですが。。。

 

(Y)

現地に行くと。。。

暑い日が続きますね。
7月。8月。猛暑になりそうですね。。。

 


先日、お施主様の建築予定地に行ってきました。
普段通る道から一歩入っただけでそこは全然知らない場所。
住宅地が広がっていて、こういう場所があったのね〜と毎回新発見。

 

現地に行くと色々な情報が得られます。
方角と景色の関係、風の流れ、光の角度。
もちろん電気や上下水道の設備の整い方など。

 

 

そして、こんな綺麗な蛾まで現れました。

 

image

 

初めて見たので蝶だと思っていたのですが、どうやら蛾らしいです。
自然にこの配色って。。。凄いポテンシャルを感じます。

 

ちゃんと仕事もしましたよ。
しっかり蛾の写真も撮って帰路につきました。

 

 (S)

くるくる黒電話

もうすぐ6月も終わり。
気がつけば今年の半分が終わるなんて。。。
早すぎて驚きますが、諸行無常なので抵抗せずに行きますとも。

 

先日、お施主様のご自宅での打ち合わせがありました。
建て替えのご相談なので、ご自宅での打ち合わせも多いのですが
私の目を釘付けにしたのがコチラです。

 

 

image

 

しっかりと使われている黒電話です。
もちろんしっかり打ち合わせもしましたが、やっぱり気になる黒電話。
帰り際に写真も撮り〜の、実際にダイヤルも回し〜ので夢中に。
ちゃんとダイヤルが戻る感覚も指が覚えておりました!

 

時の流れは早いのですが、大切に使い続けたい愛用品もありますね。
その感覚がなんだか嬉しくて心地よい時間でした。

OPEN HOUSE 〜ガレージのある平屋の家〜

こんにちは〜

梅雨も明け、暑い日が続いています。

事務所から見える海も毎日綺麗に見えています^^

 

さて、今日は7月17日、18日に宮古島にて開催予定の見学会について少し物件紹介です。

今回、ありがたいことに二件同時開催をさせていただく予定なのですが、そのうちのまず一件を紹介させていただきます。

「ガレージのある平屋の住宅」

こちらはタイトル通り2台の車が入るガレージ付きの平屋となっています。

アプローチから天井高さを抑えた玄関に入るとトップライトから光が差し込む明るい玄関ホールが広がります。

そこからLDKの空間に行くと天井が高いリビングが広がり、そこもまたハイサイドウィンドからの光が空間に降り注ぎます。

4人家族のお住まいで、リビングから直接子供室、寝室、和室に行くことができます。

子供室はまだお子さんが小さいため一室の空間として、将来的に仕切れば二つの個室ができるように設計しています。

明るい内装を希望され、内装はほとんどがホワイト色。トップライトも随所に設置しており、どの空間も明るくなっています。

 

あまり詳しく説明すると、見学の楽しみがなくなるので説明はこの辺りで。。。

今回の見学会は丁寧に案内ができるように予約制とさせていただいています。

ご希望の方はメールかお電話にて連絡ください。

mail: info@clairarchilab.com

tel: 098-955-1823

です。

今回は両物件とも市内にあり、車で約10分程度のところに位置していますので、同日に2物件とも見学可能です。

 

それではご連絡お待ちしています^^

 

 

広告6

OPEN HOUSE in Miyako-jima

梅雨は終わったのかな?終わるのかな?今年は空梅雨で水不足は大丈夫かな?と心配していましたが、ここ最近急に雨ばかりの日が続き、それも嵐のような天気の日もあり、自然は予測不能で気まぐれだな〜と複雑な思いの日々を過ごしております。災害などがなければいいですが。。。

さて、このたびクレールアーキラボ初となります『完成見学会』を『宮古島』にてお客様のご好意により開催できる運びとなりました!!
しかも、2物件同時開催です。

日時は
7月の17日と18日の二日間の開催となります。
時間は11時〜17時まで

今回は丁寧にご案内ができるよう予約制とさせていただきました。
興味のある方は
TEL:098-955-1823 /090-2003-1527(畠山) 
MAIL: info@clairarchilab.com

までご連絡ください。
日時の調整をさせていただき、現地案内図をお渡しさせていただきます。

物件の簡単な説明をしますと
ひとつはガレージのある平屋
もうひとつはスタジオを併設した二階建ての住宅になっております。

当日は建築相談も無料で行っていますのでぜひお越しください。

それでは、ご連絡お待ちしています^^

広告3

(T)

BBQ

とても暑い日が続いております。 お昼を過ぎたくらいから、海に飛び込みたくなりますよ。 帰りの面倒くささを考えなければ出来るはず。。。 先日、山口県からのお客様をお招きしてBBQパーリィーでした。 梅雨空はどこへやら、風の心地良い夕暮れでした。 沖縄らしい空と海と借景。 そしてBBQ。 image 私以外は皆さん設計士さん。 せっかくなので、お酒を片手に設計談義をしてもらいました。 それぞれの観点・視点で建築をとらえていて興味深いお話し。 天井の高い我が家。そもそも天井の低い日本の建築。 色々な見方が出来るというのはとても大切で、大事なことのようです。 私にとっても刺激的なひと時でした。 こういう時間がまたエネルギーになっていくのでしょう。 最後は建築の巨匠達のお話しになって。。。世界遺産のお話しになって。。。 皆さんの世界を見せて頂いた貴重な経験でした。 またお待ちしております。 続きは。。。山口でも良いなぁ。。。 (S)

小さな森

雨が続くと室内で過ごす日が多くなります。
もともとインドア派なのでさほど苦でもありませんが
心地よく過ごす工夫も大切ですね。

 

ちょっと前に頂いたお家みたいな素敵プランター。
置いてるだけでもディテールが美しいのですが
せっかくなので小さな森を作っていただきました。

 

image

 

お家が大きな植物の住みかみたいになっております。
勝手ながら天空の城ラピュタを思い出してしまったり。。。

自分ではとても無理だと解っていたのでプロに頼みました。
PLANTADORさん、流石です。
お願いしていた以上の森が届いてテンションもあがりました(笑)

 

こんなに素敵なので屋外にも出して撮影してみたり。
(サイズ感が伝わらない写真ばかりですね。。。)

 

image

 

我が家の2㎏程のワンコが並んでも、こんな感じです。
小型犬がゴジラみたいに見えるので、植物のサイズが伝わるかなぁ。
新入りに興味津々で、チェックチェック。

 

image

 

スタッフの癒しのひと時を作り出してくれてます。
やっぱりGREENの力は凄いなぁと実感しております。
お部屋の中のGREEN。お外のGREEN。
どちらも程良く取り入れて
優しく暮らしと寄り添うよう工夫を楽しみたいです。

(S)

お引き渡し

今日は嬉しい報告です。

先日、独立して初めての「お引き渡し」をすることができました。

お父様のための小さな家

でも家族の思いがたくさんたくさん詰まった素敵な家です。

改めてそのお手伝いをすることができてよかったなぁと思っています。

今思えば、大学を卒業し、仕事に就き、設計という仕事を自分の一生の仕事としようと決めたのは、初めての引き渡しで、お客様の喜ぶ顔を見れた瞬間でした。

全ての苦労が一瞬で消え、喜びしかなくなった瞬間がありました。

設計という仕事は案外、苦しい作業の繰り返しが多い仕事で、押しつぶされそうになることもありますが、その嬉しい瞬間のために、また一歩ずつ前に進んでいけたらと思います。

IMG_7653

(T)

育つといいな

 

暖かい1日がやっと来た気がします。
毎年、季節は巡っているのに毎回暖かくなると嬉しく思います。
真夏はとても苦手なので、これくらいが本当に幸せです。

こういう時期は生命として活動しやすい様で
蝶々もいっぱい飛んでいるので、私も活動してみました。

 

ひめきらんそうを植えました。

 

image

 

この白い小さな花がいっぱいに育ってひろがることを願いながら
毎日チェックしております。
ひめきらんそうからしたら、毎日見られて脅威かも(笑)
来年の春には真っ白な絨毯になることを願って(壮大)

 

 

うちの犬も気になってチェックしてます↓

 

image

 

見ての通りまだまだ芝もちゃんと生え揃ってません。
ここから住宅と一緒に庭も育っていくのが楽しみ。
暖かくなる季節はガーデニングに勤しもうと思います。

 

(S)

中村家住宅

先日外国からのゲストのためにと、久しぶりに中村家住宅に行ってきました。
久しぶりに行ったのですが(4、5回目かな??)やはりいいですね〜

さっそく中へ〜
ヒンプンを抜けると大きな中庭(ヒンプンの写真撮り忘れました^^;)
ちょうど雨上がりで清々しい空気が漂っていました。

 

_DSC2380

春が近づき、外に見える緑も青々としていていました。
室内から外を見たときの緑がとても印象的です。
_DSC2383

ツツジも綺麗に咲いていました。
雨上がりということもあり、植物が生き生きと、艶艶していますね〜

_DSC2386
_DSC2385

こちらはヒヌカン(火の神)です。
いつも設計しているとヒヌカン置き場のことで相談を受け悩んだりします。
コンロの正面なのか?後ろ側でもいいのか?
参考になるかと思ったのですが、そもそもシステムキッチンではなく、かまどなので、今の生活様式に当てはめて考えてもイメージがなかなかつかず、、、
でも、火を使用する正面にありました。悩んでいる人がいたら参考にしてみてください^^;

_DSC2394

外に出て、屋根を見ると、苔が生しています。
年月を感じますね〜
屋根に生えた草も可愛らしく感じます。

_DSC2396

全景を見ると圧巻!!
周囲のあたらしい建築が無いと、タイムスリップしたようです。
このような屋根が連なっていたと想像すると、素晴らしい景色が目に浮かびました。
_DSC2400

18世紀中頃に建てられたれしいのですが、管理が行き届いていて、とても綺麗で今でも十分住める感じでした。

木造建築が増えてきた沖縄ですが、こんな本物の沖縄建築がもっと増えたらいいのになと思いました。
依頼があると頑張って設計してみたいところですが、大工さんがいるのかな〜? コストはどうなんだろう? と、、、
急に現実に戻ってしまいました(笑)

一緒に行った、フィンランドと、香港からのゲストは、とても喜んで見学していました。
それが何より嬉しかった〜〜^^

行くたびに見方が変わる自分も面白いので、定期的に行ってみようかと思いました。
まだ行って無い方は是非〜

(T)

やちむん

 

先日、やちむん市へ行ってきました。
読谷を拠点に活動している作家さんが沢山。
大にぎわいの大盛況でした。


 

沖縄の住宅といったらシーサー↓

 

image

 

多種多様なシーサーに見つめられて緊張。
我が家には置いてい無いのですが。。。ごめんね。。。

 

おちょこや小さな壺がギッシリ。
小さいってだけで何でこんなに可愛のかよ〜。
絵柄もユニークで若い人に好まれそうです。

 

image

 

最近のやちむんはカラフルな作品も多いのですね。
昔のやちむんのイメージとは全く違うデザインがいっぱい。
マグの形や大きさも色々で固定観念にさよならです。
自由がいっぱいだー。ついでに、芸術は爆発だー。

 

image

 

みんなでワイワイお食事タイムにぴったりの大皿。
絵柄も美しいのでそのまま置いてても綺麗。
色や柄がこんなに鮮やかに出るんだなぁと感心。

 

image

 

沢山の刺激を頂いた週末。
定期的にやっているのか、詳しくは分からないのですが
チャンスがあれば、是非足を運んでみてください。
新しい発見がいっぱいですよ!

スペインへ 。。。行って来たお友達

 

Hola!
スペイン語を少しだけ習ったことはあるけれど
実際に会話したりしたことはまだありません。
いつか使うのか。。。微妙な日々。


 

先日、スペイン旅行から帰ってきたお友達と会ったのです。
バルセロナへは行って無いし、ガウディを見ても無いけれど
「どの建物も本当に綺麗だったよー」
と目をキラキラさせながら話してくれました。

 

スペインと言ったらサッカーかフラメンコかガウディ
と勝手に想像してました。
うん。浅い。。。あまりにも浅い。。。

 

スペインに行ったら街を散歩してみたいな。
何も考え無いでボーッとベンチなんかに座って
人間観察なんかも楽しそう。
そんな事を想像しながら、お土産話を堪能しました。

 

 

image

 

さらに、素敵なスペイン土産まで頂きまして
我が家にスペインの風が吹いております。
感想を一言で言うならば
「オリーブが美味しい国」だったそうです。

 

もしスペインへ行く機会があったなら
建築を見るだけでなく、オリーブも堪能しようと決めたのです。

 

社会見学 Part3

社会見学第二弾に行ってきました。
あるものの試作をしてもらえるところを探し求めていたところ、「沖縄県立総合教育センター」というところを紹介していただき初めて行ってきました。
詳しくはこちら→「沖縄県立総合教育センター」
どんなところで、何をしている施設なのかもよく分からぬまま、とりあえずアポを取らせていただき、行ってみました。

まず駐車場の脇にあったスペースに興味津々。

IMG_6834

沖縄各地で取れる様々な石が、詳しい説明付きで置かれていました。ざっと20個くらいはあったかと思います。
IMG_6836
IMG_6837

沖縄にこんなにたくさんの種類の石があることを知りびっくり&感動でした。じっくり見たら、ちょっとした旅気分も味わえそうでした^^
ゆっくり見たかったのですが、今日の目的はこれでは無いことを自分に言い聞かせ名残惜しく施設内へ〜

施設内に入ると、今回担当してくださった方からこの施設の説明などをしていただき、こちらが相談したかったこともいろいろ親身になって聞いてもらえました。ドキドキ緊張していたのですが、目的が達成できそうな予感がしてワクワクしてきました。

その後、この施設の一部を案内していただきました。

IMG_6842

こちらは今回一番見たかった旋盤の機械です。鉄を削り出しながら形を作っていく機械です。
IMG_6848
鉄の塊からこんなものが作れます。
IMG_6846
高校生が旋盤加工を競う大会で沖縄で優秀賞に輝いたものは、精度がなんと100分の1ミリ前後とかで、手作業でここまでのものを作れることにびっくりでした。
しかし、やはり大量生産となると、機械でも作れるらしく、その機械がこちら
IMG_6850
パソコンで作られたデータから先ほどのようなものが短時間で作れるそうです。
でも、やはり精度の話となると、手作業の方がいいとのこと。
ちょっと安心したのと同時に、下町ロケットのドラマの中にいるようでややテンションが上がりました^^

次はこちら
IMG_6855
ウォータージェットという機械です。
なんとこれは水の力で鉄など固いものから、木のようなものまでを切断&加工できるマシンです。
研磨剤の混ざった水をマッハ3という速度で噴射させ切断や加工を行う機械で、精度やスピードも良い優れものです。
マッハ3と言われてもピンと来ませんが。。。^^;
試しに切ってもらったのがこちら。
IMG_6858
IMG_6859
ステンレスの板をコンピュータ入力されたデータをもとに正確に切っていました(動画をお見せしたいところですがうまくアップできず。。)なかなか置いてあるところの少ない、貴重なマシンと、その動く姿を見れて、テンションMAXでした。

以上で今回の社会見学は終了しました。

これから、クレールアーキラボが作りたいものの試作に向けて少しずつ前進できそうです。
また、設計においても活用できそうな機械を見ることができ、少し視野が広がったような気がしました。
やっぱり「ものづくり」っていいなと実感できたので、また機会を作っていろいろとものをつくる現場の見学に出かけたいと思います。


   なんの試作を考えているかは、、、 ちゃんと出来たら報告します^^  (T)

水のある空間

 

 

水と花。

ただただ美しい。

 

image

photo by MACO

 

沖縄の夏。。。涼を取り入れて過ごす。
絶対的に必要では無いけれど特別な空間です。

すかさず社会見学 part2

 

続きまして木工の現場です。

唐突に始まりましたが、part2って書いてるし良いかなぁ。
大抵の映画はpart2は期待ハズレですが。。。

 

設計をスタートして工事が始まってどんどん進むと
こういった建具類が登場してきます。
施主さんもどんどん実際のイメージが分かりやすくなっていく頃。

 

image

 

建具や家具を作るので工場も大きい。
そして作業台も大きい。

こうして大きな工場で職人さん達が丁寧に作っていました。
みなさん、図面と材料と木目と真摯に向き合っています。

 

木くずもなんだか綺麗であります。

 

image

 

もちろん、道具もきちんと並んでおりました。
道具がオブジェみたいに見えた。
時計にも見えた。

 

image

 

我が家の建具や家具もこちらの工房で作ってもらったのです。
その時は工場の様子は分からなかったのです。
こうして作られたんだなぁとなんだか感慨深い。

 

 

社会見学ってなんか良いですね。
これからも、コンスタンスに行けるようにしようと思います。
ビール工場に行こうという誘いもありました。

社会見学ではあるかもだけど。。。どうしよう。。。

社会見学 part1

 

鉄は熱いうちに打てということですので
昨日行った社会見学の様子をご紹介です!

 

まさに鉄の現場です。

 

image

 

建築を設計する当社ですが
形にできるのは沢山の職人さんの技術のお陰です。
実際に現場を見て色々とお話を聞く貴重な時間。

 

黒皮鉄の板がすごくカッコよくて思わず触れる。
すごく鋭利なので気をつけなければいけないのです。

 

image

 

そして、鉄を削り出した時に出る鉄の粉。
私は鉄子と名付けました。
鉄子も素手で触ると刺さってしまうそうです。
キラキラして綺麗な鉄子。

 

image

 

年季の入った機械が沢山あってカッコイイ工場。
そして、鉄を感覚でアーチ型に出来ちゃうカックイイ職人さん達。

 

image

 

住宅だと、手すりや階段などに使われている鉄。
こうして作られる現場を知ることで
設計する時の考え方やお客様への説明もより詳しく出来ると思うのでした。

 

貴重な社会見学。。。
昨日は他の工場にもお邪魔したので次回はそちらを紹介します。
お楽しみにです。