Blog

SDGs

 

去年のクリスマス前に息子が学校から持ち帰った図工の時間に作った工作。

クリスマスリースでした。

 

 

「どこかで木の枝を拾ってきて作ったの?」と聞くと

「木の枝じゃないよ。アサガオのツルだよ。」と答えました。

よーく見るとアサガオのツルを乾燥させたもの。

4月に種を植え育てたアサガオのリサイクル。

7月はアサガオの花びらを絵の具代わりに使い、

アサガオの絵を描いていました。

 

SDGsの教育(ESD)が始まっているのだと感じました。

私が小学生の頃、クリスマスリースを玄関に飾っている家は外国人の家だけでしたが。

リサイクルの方法がクリスマスリースだなんて今の小学校は洒落てるなぁ。

と時代を感じました。

 

これからの時代に必要なことを楽しませながら、

子供達に教えている今の日本の学校教育に感動しました。

先生たちは時代に合わせていろいろな工夫している。

どんな仕事も工夫とアイディアが必要だと考えさせられました。

 

クリスマスが終わったので息子に「リースを片付けるよ」と言うと、

「外さないで。ずっと飾ってほしい」と。

今年の我が家は、年中クリスマスになりそうです。

 

(A)